Q.高齢者のノロウイルスへの対策法を教えて下さい。

Q.ノロウイルスの流行に対して自宅の高齢者に必要な対策とは?

ノロウイルスが流行してきているという話を最近よく耳にします。

私の家には高齢の祖母と祖父がおり、毎年夏場の熱い時期や冬の急に寒くなる頃に体調を崩してしまいがちになっています。

基礎的な体力がかなり衰えていることは一緒に暮らす私の目から見て明らかなのですが、そうした体力的に弱い高齢者はやはりノロウイルスに感染をしやすいのではないかと思います。

現在自宅には祖父母の他に私達夫婦と子供もおり、もし誰かが感染をしてしまったらそこから一気に全員が倒れてしまうのではないかという心配もあります。

特に高齢の祖父母は感染のリスクが高いことがうかがえるため、まずは高齢者の祖父母への感染リスクを減らすためにはどういった方法をとるのがよいかを教えてください。

それともし感染がわかったら他の家族へ感染拡大を防ぐためにはどういった方法をとるのがよいかを教えてもらいたいです。

A.ノロウイルスの感染経路は主に2つあります

ノロウイルスが大流行をするのは主に11月~2月の寒い冬の時期となっています。

ウイルス性の感染症のうち胃腸炎を伴うものを食中毒症状として扱いますが、梅雨の時期や夏場といった食べ物が腐りやすい時期ではなく、比較的食べ物の腐敗が起こりにくい冬の時期に大流行をするという特徴を持つのがノロウイルスです。

まずなぜノロウイルスがこんなにも世間的に怖がられているかというと、それはウイルスをすぐに殺すことができるワクチンが存在しておらず、治療はあくまでも対症療法による自然治癒を待つだけとなってしまうからです。

ですので感染をしてしまったときにはすみやかに医師の診断を受け、かつできるだけ身近なところで感染が起こらないように普段から管理を徹底するということを心がけることが大切になってきます。

高齢者の感染源は主に2つあり「人からの感染」と「食品からの感染」に分類することができます。

「人からの感染」とは既にウイルスを保有している人の咳やくしゃみによる飛沫や、便や嘔吐物といったものに別の人が接触してしまうことにより感染をすることです。

「食品からの感染」はウイルス保有者が料理をすることで食品に混在する場合と、食品内にウイルスが蓄積されておりそれを十分に加熱など滅菌せずに食べることで感染するという場合とがあります。

なおこれまでノロウイルスによる集団感染事例を見るとそのほとんどが食品によるものであるため、流行時にはいつも以上に食品や食器の滅菌に気を使うようにする必要があります。