Q.介護関係の資格にはどんなものがありますか?

hito2
2015/11/22 11:25
投稿者:たっちゃん

Q.これから介護業界に入りたいと思っているのですが特におすすめ資格は何ですか

現在は別の職種についている20代です。

近々転職をして介護関係の仕事をしようと考えているのですが、まるっきり未経験からの転職となってしまうため、事前に何らかの資格を得ておきたいと思います。

その際できれば取得をすることで実務で役立ち職場の待遇アップにも役立つものがあればそういったものを取得したいのですが、どういったものがおすすめになるでしょうか。

また介護分野でキャリアアップをしていくとしたらどういったルートがあり、どういう資格を取得していくことになるのかといった展望についても聞かせてください。

2015/11/22 12:59 回答者:ここあ

A.まずは三大福祉資格がおすすめとなります

介護業界にこれから入りたいということで資格を取得するということはとてもよい考え方と言えます。

介護の仕事は無資格未経験でも採用をされる現場が多くなっていますが、結局のところ実務に掛かる前には研修を受けたり何らかの学習をすることになったりするため、あらかじめ基礎知識があった方が早くに現場で仕事をしていくことができます。

全く未経験の状態から最初に介護の資格を得るなら、その入口となるのは「介護職員初任者研修」という資格です。

こちらは旧ホームヘルパー2級と言われていたものが法改正によって誕生したもので、基本的な介護の方法を広く浅く学ぶことができます。

のちに介護福祉士などの国家資格を受験する人もまず最初に取得する入門資格となっているので、どれにしようか迷っているということならこの「介護職員初任者研修」のセミナーを行っている自治体窓口に相談に行くことをすすめます。

介護関連の国家資格はもれなく実務経験ないしは専門の教育課程の修了が必要になるので、学校に通う時間的余裕がないならまずは初任者として資格を得てから仕事につき、そこから上位資格を目指すのが一般的なルートとなります。

なお介護福祉の分野において最も知名度が高く汎用性があるのは「介護福祉士」「社会福祉士」「精神保健福祉士」の三大福祉士です。

この3つは微妙に担当分野が異なるので、進みたい方向によってどれを取得するかを選んでみてください。

2015/11/22 13:02 回答者:アンジェラ

A.直接的な現場以外にもある介護の資格

介護に関する資格は非常に裾野が広く、実際に介護をする現場以外にも介護関連の資格が多数存在しています。

今人気があるものとしては、高齢者のための住環境を整備するための「福祉住環境コーディネーター」や「福祉用具専門相談員」といった資格があります。

これらはいずれも民間資格ですが、取得をすることにより介護施設だけでなく介護関連の製品を取り扱う建築業や小売業といった仕事をしていくことができるようになります。

また医療系資格である「看護師」や「理学療法士」も介護の現場で多く求められている資格となっています。

その他にも「手話通訳士」や「栄養士」といった仕事も間接的に介護の現場での仕事につながります。