Q.季節の行事やイベントを活かしたレクについて教えて下さい。

hito2
2015/12/17 13:07
投稿者:tarou
 

Q.季節を取り入れたレクリエーションの行い方

介護施設でレクリエーションを担当しているのですが、先日施設の上司から「季節をレクリエーションに取り入れるようにした方がよい」というアドバイスを受けました。

以前からクリスマスやお正月などといった大きな行事のときにはそれを意識したレクリエーションをしてきたつもりなのですが、それ以外にもできるだけ季節感があるものを混ぜて欲しいということです。

そこで季節を盛り込んだレクリエーションについて自分なりにいろいろと調べているところなのですが、なかなか現場で使える情報が集まらずに苦労をしています。

実際に介護施設やイベンドなどで行っている季節を取り入れたレクリエーションがありましたらヒントや使い方を教えてください。

2015/12/17 17:22 回答者:あんな

A.季節感を盛り込むことは高齢者の意識によい影響を与えます

介護施設の上司の方から季節感を取り入れたレクリエーションをするように言われたとのこと、なるほどなという気がします。

というのも高齢者にとって非常に深刻な認知症の発症には、そうした時間を意識する行事は大変有効になるからです。

認知症となった高齢者の場合、まず最初に失われてしまうことになるのは時間の感覚です。

今日が何年で何日であるかということや、四季のどの時期であるかという時間的な感覚が失われてくるとだんだん記憶そのものが曖昧になってきますので、さりげない形で季節を意識させるということは長い目で見た時の高齢者の精神の健康維持に役立ちます。

そこで具体的な盛り込み方ですが、これは特にクリスマスやお正月のように大きな行事でなくても、季節を簡単に意識できるようにするだけでも十分です。

春先なら桜やチューリップなどのお花を使ったものにしたり、夏なら海や七夕、風鈴などといったように季節の風物詩をその時のレクリエーションで使用するアイテムとして使用をしていきます。

2015/12/17 19:31 回答者:melody

A.アート系のレクリエーションには取り入れやすい

季節ならではのアイテムをより簡単に盛り込むことができるのはアート系のレクリエーションです。

例えば一緒に歌を歌ったり曲に合わせて踊ったりするときに、四季を感じさせる歌を選ぶといったことがわかり易い例でしょうか。

春先ならひな祭りの歌や花の歌、冬なら雪の歌といった感じです。

また指先を動かすレクリエーションとして絵画を描いたり貼り絵や折り紙をするというときも、季節のものを作るという課題をつけるという方法をとることができます。

ちょっと気の利いた取り入れ方としては、例えば七夕で飾りを作って短冊に来年の自分に手紙を書いてみたり、秋の敬老会で過去の自分の仕事について紹介をしたりといったようなやり方もあります。